韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

韓国語の発音を良くするコツと練習法!

f:id:kanayari:20201128190015p:plain

 

 こんにちは!かなやりです。

 

 今回は、韓国語の発音を良くするコツと練習法についてお話していきたいと思います。

 

 韓国語の発音は、日本語に無い音もある為、苦戦する方も多いのではないでしょうか。

 

文章が合っていても、発音が悪いと通じない!なんてこともありますから、発音はとても大事です。

 

 私も韓国語を勉強し始めたばかりの頃は、『カ』だけで3つもあるの?!濃音って何?!と半泣き状態でした。

 

そんな私も韓国人の先生には発音を褒められ、韓国に行くと「韓国人ですか?」と聞かれるまでには成長することが出来ました。

 

 と、いうことで!

 

 今回は、韓国語の発音を良くしたいという方へ向けて、こうすれば発音が良くなるというコツと練習法をご紹介したいと思います。

 

 

難しい発音を使い分けよう

 

 韓国語には、日本人にとって難しい発音が多数あります。

 

それは、日本語に無い音だったり、日本語にあっても無意識に使い分けているので言われたところで分からない、というものだったりします。

 

 しかし、韓国語の発音を良くしたいとなると、難しい音も、ある程度は聞き分けられるようにならないといけません。

 

 今回は、日本人にとって難しい発音の区別の仕方をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「어」と「 오」の区別

 

 まずは、「어」と「 오」の区別の仕方です。

 

「어」と「 오」は、どちらも日本語で書くと「オ」ですが、発音には違いがあります。

 

「어」は、「ア」と発音している時の口の状態のままで言う「オ」。

「 오」は、口を思いっきりすぼめた状態で言う「オ」です。

 

 日本語の「オ」に近いとされているのは「 오」ですが、それでも違いはあり、韓国語の方がより口をすぼめて発音されます。

 

「ㅇ」と「ㄴ」の区別

 

 日本語には無い代表格であるパッチム

 

これに苦労する方は多いですよね。

 

「ㅇ」と「ㄴ」の発音は、日本人にとって区別が難しい発音の一つです。

 

「ㅇ」は、舌を上あごにくっつけずに言う「ン」。

「ㄴ」は、舌を思いっきりくっ付けて言う「ン」です。

 

 実は、日本でもこの使い分けは無意識のうちにされています。

 

「あんこ」という時は、舌を上あごにくっつけない「ㅇ」。

 

「やかん」という時は、舌を上あごにくっつける「ㄴ」を使っています。

 

「ㄹ」の発音

 

「ㄹ」も、日本人にとって難しいパッチムの一つです。

 

 これは、舌を上あごにくっつけるようにして言う「ル」です。

 

 英語で表すと「Ⅼ」の発音に近いと言えます。

 

 韓国語で卵という意味の「알」は、日本語的な発音で言うと、「アル(alu)」ですが、ローマ字表記をすると「al」となります。

 

これはつまり、「ル(lu)」の「u」の部分を発音しないで止めるということです。

 

「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」の区別

 

「ㄱ」「ㅋ」「ㄲ」は、濃音や激音の難しさから苦手な方も多いと思います。

 

 まず、「ㄱ」は、普通に「ガ」と言ってください。それです。これは簡単ですよね。

 次が「ㅋ」。これは口から空気を思いっきり出しながら言う「カ」です。

 そして「ㄲ」。これは口から空気を一切出さずに言う「ッカ」です。

 

 激音と濃音の違いは難しいのですが、練習としてよくあるのは、ティッシュを一枚口の前に持ってきて、それぞれ発音してみるというものです。

 

激音のときは空気を出すのでティッシュが動いて濃音の時は空気が出ないのでティッシュは動かないとされています。

 

 

発音のルールを覚えよう

 

 ハングルの発音をある程度マスターしたら、次は発音のルールを覚えましょう。

 

 韓国語は、読みと発音が一致しないこともありますから、ルールが分かってないと、しっかり発音することができません。

 

1文字にパッチムが2つ

 

 ハングルの中には、1文字にパッチムが2つついているものがあります。

 

 例えば、韓国語で「読む」という意味の「읽다(익따)」

 

これは丁寧な言い方にすると「읽어요(일거요)になります。

 

 さて、読み方は分かりましたでしょうか?

 

 このように、パッチムが2つある場合、基本的には「가나다라」(日本語で言う「あいうえお」)の順番で最初に来る方を発音するとされています。

 

そして、後ろに母音が来る時は(「읽어요」の時の「어」)、右側の子音が連音化します。

 

読みと発音が一致しない

 

 上記を見ても分かりますが、韓国語は読みと発音が一致しないことが多々あります。

 

 これは、語尾の子音が、次の語頭の母音とつながって発音されるためです。

 

覚えるのは難しいですが、ここを押さえないとせっかく覚えた単語も伝えることが出来ないので、しっかり覚えておきましょう。

 

 

イントネーションを覚えよう

 

 イントネーションが自然だと、聞く人の耳にも自然に言葉が入ってきます

 

韓国語らしいイントネーションで発音することによって、一気に伝わる度が伸びていくので、イントネーションはかなり大事です。

 

イントネーションの重要性

 

 韓国語(主にソウルの言葉)は、「雨」「飴」のように、アクセントで単語を区別することはないと言われています。

 

これだけ聞くと、イントネーションは特に意識する必要はないように思えますが、自然な韓国語というものを考えた時、イントネーションはとても大事なものになってきます。

 

 自然なイントネーションは、聞く人にも自然な韓国語としてスムーズに届きます

 

伝わりやすい韓国語にしたいと考えるなら、自然なイントネーションは必須ではないでしょうか。

 

リスニングが一番の近道

 

 イントネーションを自然にしたいとき、その練習法としては、やはり「リスニング」が一番です。

 

 聞いて真似して、また聞いて真似する。

 

 その繰り返しが自然なイントネーションを作る近道になります。

 

リスニングを重ねよう

 

 リスニングをすることで、1文字ずつの発音から、連音化した言葉、そしてイントネーションまで様々なものを鍛えることができます。

 

動画(ドラマ・Youtube)で

 

 好きなドラマやYoutuberがいる場合は、その動画を使って勉強するのがいいと思います。

 

好きなものであれば楽しく勉強することが出来ますし、苦になりづらいからです。

 

 特にYoutubeは韓国語で字幕を入れてくれている方も多いですから、より勉強になると思います。

 

音声(音楽・教材CD)で

 

 KPOPが好きな方なら、音楽を聴くという方法もいいと思います。

 

特にバラードは、ゆっくり発音してくれているので割と聞き取りやすく、勉強になります。

 

 また、テキストに付いている教材のCDは、ハッキリと正確な発音で録音されているので、リスニングにはオススメです。

 

 

自分の発音をチェックしよう

 

 リスニングだけじゃなくて、自分の発音をチェックしてみることも重要です。

 

自分の発音を客観的に見て、直すことでさらに綺麗な発音にすることができます。

 

自分で聞いてみる

 

 方法としては、自分で録音して聞いてみる、という方法があります。

 

 自分の発音と韓国人の方の発音を比べてみて、ここが直せそうだなと思うところを直してみましょう。

 

韓国人にチェックしてもらう

 

 オススメなのは、韓国人の方に発音をチェックしてもらう方法です。

 

 これは知り合いに韓国人の方がいないとなかなか難しいですが、韓国語教室などに通っている方は先生に聞いてもらうことが可能です。

 

 自分でチェックするより、韓国の方にチェックしてもらった方が、より効果を期待できると思います。

 

おわりに

 

 さて、今回は、韓国語の発音を良くするコツと練習法についてお話してきました。

 

  1. 難しい発音を使い分ける
  2. 発音のルールを覚える
  3. イントネーションを覚える
  4. リスニングする
  5. 自分の発音をチェックする

 

という5つのお話でしたが、いかがだったでしょうか。

 

 なにか少しでも参考になるものがあれば幸いです。

 

 それでは!