韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

モッパンの意味とは?モクバンとどう違う?

f:id:kanayari:20210503095114p:plain

 

 こんにちは!かなやりです。

 

今回は、モッパンの意味、モクバンとの違いについてお話していきたいと思います。

 

「モッパンてよく聞くけど、いったい何なの?」

 

「モクバンとの違いは?」

 

「なんで人気なの?」

 

「ASMRは何なの?」

 

などなど、疑問にお答えしていきたいと思います!

 

それでは早速行きましょう!

 

 

モッパンの意味とは

 

「モッパン(먹방)」とは、韓国語で「食べる放送」という意味です。

 

出演者が主に何かを食べる姿を見せる番組、または、ドラマなどでの食事シーンを指したりします。

 

最近では、YouTubeの「モッパン(먹방)」動画が人気ですが、韓国では一足先にライブ配信を提供する「AfreecaTV」で、「モッパン(먹방)」動画は人気が出ていました。

 

現在、韓国でモッパンユーチューバーとして活躍する人の中には、この「AfreecaTV」出身の方も多いです。

 

実は短縮言葉!

 

「モッパン(먹방)」とは、そもそも「モンヌンバンソン( 먹는 방송)」を縮めた言葉です。

 

「モンヌンバンソン( 먹는 방송)」の意味は、「食べる放送」。

 

その「먹(モㇰ)」「방(バン)」が合わさって、「モッパン(먹방)」となりました。

 

(「먹(モㇰ)」が「モン」になるのは、「는(ヌン)」と合わさることで韓国語特有の発音変化が起こるため)

 

「モッパン(먹방)」を日本語に直訳して置き換えると、「食放」ってところでしょうか。

 

一発では、意味が分かりそうもない単語になりましたね...。笑

 

モクバンとの違い

 

「モッパン」と検索していると、一部「モクバン」と表示されました。

 

どうやら「먹방」の日本語表記は2種類あるようです。

 

簡潔に言うと、2つに違いはありません

 

しかし、日本語表記にした時どうして「モッパン」「モクバン」の2つが存在するのか。

 

これは、韓国語の発音から来る問題ですね。

 

「ッ」?「ク」?

 

「モッパン(먹방)」は、「먹(モㇰ)」「방(バン)」が合わさった言葉です。

 

この時、「먹(モㇰ)」の「ㇰ」は日本語の「ク」のようにはっきり発音しません

 

ローマ字で言うと、「KU」ではなく「K」のみといえばいいでしょうか。

 

「北海道」と発音する時、「か」をいう直前で辞めた時に現れる音にならない「K」と言えば分かりやすいですかね?

 

音にならないので、実際に「ク」という言葉は聞こえない代わりに「ッ」になって聞こえてきます

 

「パ」?「バ」?

 

では、「방(バン)」の頭文字は「パ」なのか「バ」なのか。

 

これは、「バ」と思っておいていいと思います。

 

「パ」の韓国語は別に存在しますからね。

 

ただ、日本人の耳には、「バ」にも「パ」にも聞こえてしまうという難題が...。

 

このお陰で、「パ」と「バ」がどっちも使われるなんて事態になったんですね。

 

しかし、発音するときは「バ」がおすすめです。

 

「パ」と言うと、違う文字が当てはまってしまう場合がありますが、「バ」と言っておけば、まず大丈夫です!

 

モッパンとモクバン、結論どっち?

 

結局「モッパン」と「モクバン」どっちを使えばいいのか。

 

日本での馴染み具合から見て、「モッパン」がいいのではないかと思います。

 

実際の発音も「モッパン」の方が近いですしね。

 

ASMRとは

 

 ASMRとは、「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、「聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚」のことです。

 

最近では、ASMR動画がYouTubeで大人気ですよね。

 

食べる音だったり、スライムを触る音だったり、とにかく良い音を流してくれる動画が人気を集めています。

 

モッパン動画「ただ食べる動画」なのに比べ、ASMR動画は「気持ちいい音を拾って流してくれる動画」だと言えます。

 

現在では、ASMRの音声+モッパンという動画も広まりつつあります。

 

モッパンにASMRの良い要素をプラスした動画は、まさに良いとこ取り

 

韓国の人気ユーチューバー、ボキさんなんかがその代表ですね。

 

kanayari.info

 

モッパンはなぜ人気?

 

 モッパンが人気になった理由として挙げられるのは、一人世帯の増加です。

 

現代では、1人暮らしをする人が増え、一人でご飯を食べる瞬間が増えました。

 

その時、一緒にご飯を食べる感覚でモッパン動画を見る人が増えた、という訳ですね。

 

特に韓国は一人で食事する文化があまりなく、人と一緒に食べる文化なので、モッパン動画の人気が高まったそうです。

 

そして、単純においしそうに食べる姿を見るのが好きダイエット中に代わりに食べてもらってる気分になって満足する、という方もいらっしゃいますね。

 

おわりに

 

さて、今回は、モッパンの意味、モクバンとの違いについてお話してきました。

 

今、海外でも日本でも大人気のコンテンツなので、興味のある方はぜひ見てみてください!

 

それでは!