韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

韓国語で「わかった」「わかりました」は何という?アラッソヨ?アルゲッソヨ?

f:id:kanayari:20210126214336p:plain

 

こんにちは!かなやりです。

 

今回は、韓国語で「わかった」「わかりました」は何というか、についてお話していきたいと思います。

 

了解の意を表すことは、コミュニケーションをとる上でも大切なことです。

 

じっくり学んでいきましょう!

 

 

韓国語で「わかった」は?

 韓国語で「わかった」は、「알았어(アラッソ)」または「알겠어(アㇽゲッソ)」と言います。

 

どちらも「わかる」という意味の「알다(アㇽダ)」が元となっています。

 

2つの詳しい違いは、また後で言いますが、「알겠어(アㇽゲッソ)」の方が穏やかな言い方です。どっちか迷ったら「알겠어(アㇽゲッソ)」を使いましょう。

 

韓国語で「わかりました」は?

韓国語で「わかりました」は「알았습니다(アラッスㇺニダ)」「알았어요(アラッソヨ)」または、「알겠어요(アㇽゲッソヨ)」「알겠습니다(アㇽゲッスㇺニダ)」と言います。

 

多いですねぇ。笑

 

「습니다(スㇺニダ)」が付いている方が丁寧で、「알겠(アㇽゲッ)」が付いている方が穏やかです。

 

よって、上司など目上の人に使うなら「알겠습니다(アㇽゲッスㇺニダ)」。少しラフな敬語でいいなら「알겠어요(アㇽゲッソヨ)」を使うといいと思います。

 

「알겠어요(アㇽゲッソヨ)」と「알겠습니다(アㇽゲッスㇺニダ)」は、「わかりました」と「かしこまりました」と思っておけば分かりやすいですかね?

 

「알았어요(アラッソヨ)」と「알겠어요(アルゲッソヨ)」の違い

「알았어요(アラッソヨ)」と「알겠어요(アルゲッソヨ)」を比べると、「알겠어요(アルゲッソヨ)」の方がより穏やかだとお話しました。

 

では、どこにその違いが出ているのか。

 

よく見てみると、2つが過去形と未来形に分かれていることに気が付きます。

 

「알았어요(アラッソヨ)」過去形「알겠어요(アルゲッソヨ)」未来形です。

 

つまり、

「알았어요(アラッソヨ)」は「前から分かってた」

「알겠어요(アルゲッソヨ)」は「今わかったからそうする」

という意味がある訳です。

 

だからこそ、小言を言われた時などは、「そんなこと分かってるよ!」という意味を含む「알았어요(アラッソヨ)」を使うんですね。

 

なので、「알았어요(アラッソヨ)」を使う際は、失礼な言い方になってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

「わかった」と言いたいけど、どっちを使っていいか迷う!という方は「알겠어요(アルゲッソヨ)」を使っておけば無難です。

 

「わかった」を他の表現で

上記以外にも、了解の意を示す言葉が存在します。

 

이해했어(イヘヘッソ)

これは、「理解した」という意味です。

 

原型は「이해하다(イへハダ)」で、「理解する、分かる」という意味になります。

 

日本語の「理解する」と同じように考えたらいいと思います。

 

「이해했어(イヘヘッソ)」を丁寧に言うと「이해했어요(イヘヘッソヨ)」、より丁寧に言うと「이해했습니다(イヘヘッスㇺニダ)」となります。

 

좋아(チョア)

これは、「いいよ」という意味です。

 

何か提案をされたときに「いいよ、わかった」と答える時にこれを使います。

 

この「좋아(チョア)」は、他にも「好き」という意味もあります。

 

丁寧に言うと「좋아요(チョアヨ)」、より丁寧に言うと「좋습니다(チョッスㇺニダ)」になります。

 

그래(クレ)

これは、「そう」という意味です。相づちの言葉として多く使用されています。

 

「そう、わかった」「うん、わかった」という意味で使われますね。

 

丁寧に言うと「그래요(クレヨ)」となります。

 

「わかった」の若者言葉

「わかった」にも若者言葉があります。

 

ㅇㅋ(オーケー)

これは、「오케이(オケイ)」の略語です。

 

韓国の若い方たちは、子音のみを使って(SNSなどで)会話することが多いですね。

 

알았쭁(アラッチョン)알았떠(アラット)

語尾のみを変更させて言うと、かわいい感じになります。

 

「알았쭁(アラッチョン)」は、「わかりましたか?」という意味の「알았죠?(アラッチョ)」を可愛くいったものです。

 

そして、「알았떠(アラット)」は、「わかった」という意味の「알았어(アラッソ)」を可愛くいったものです。

 

おわりに

さて、今回は、韓国語で「わかった」「わかりました」は何というか、についてお話してきました。

 

色々ご紹介しましたが、ぜひ!使い分けてみてください。

 

それでは!