韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

韓国語の固有数詞ってどんなの?読み方は?

f:id:kanayari:20201226221833p:plain

 

韓国語の数字には、ハングル由来の固有数詞と漢字由来の漢数詞という2種類の数字があります。

 

今回は、そのうちの固有数詞についてお話していきたいと思います。

 

固有数詞の「하나(ハナ、돌(ドゥㇽ)、셋(セッ)」は、日本語の「いち、に、さん」みたいなものです。

 

有名なBTSの曲の中にも「둘! 셋!」という曲がありますよね。(めっちゃいい曲です大好き)

 

「하나(ハナ、돌(ドゥㇽ)、셋(セッ)」は、色んな所で出てくるので、聞いたことがある!という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな固有数詞について見て行きたいと思います。

 

 

固有数詞1~99

 

まずは、1~9まで見て行きます。

 

1.하나(ハナ)

2.둘(ドゥㇽ)

3.셋(セッ)

4.넷(ネッ)

5.다섯(タソッ)

6.여섯(ヨソッ)

7.일곱(イㇽゴㇷ゚)

8.여덟(ヨドㇽ)

9.아홉(アホㇷ゚)

 

1~9まで分かれば、後は以下の10、20、30、40、50、60、70、80、90と組み合わせて行けば「1~99」を言うことが出来ます。

 

10.열(ヨㇽ)

20.스물(スムㇽ)

30.서른(ソルン)

40.마흔(マフン)

50.쉰(スィン)

60.예순(イェスン)

70.일흔(イルン)

80.여든(ヨドゥン)

90.아흔(アフン)

 

例えば、37は「서른(ソルン)+일곱(イㇽゴㇷ゚)」で「서른일곱(ソルンイㇽゴㇷ゚)」になります。

 

こんな感じで、単純に組み合わせていくだけなので、結構簡単だと思います。

 

ただ、固有数詞を使うのは99までなので、100以上を言いたいときは漢数詞を使いましょう。

 

 

どんな時使う?

 

固有数詞は、主に人や個数を数える時に使われます。

 

例えば…

  • 人(사람)
  • 名(명)
  • 歳(살)
  • 個(개)
  • 匹(마리)
  • 時(시)
  • 時間(시간)
  • 回(번)
  • 杯(잔)
  • 枚(장)
  • 冊(권)

などに使われます。

 

例えば、5名は다섯명(タソンミョン)となります。

 

ちなみに、「何時間」などの時間固有数詞で言いますが、漢数詞で言うので、そこは少しややこしいことになっています。

 

でも慣れちゃえば自然に馴染んでくるので、何回も触れて覚えて行きましょう!

 

変形系

 

そして、ここでも注意しなければいけないことがあります。

 

それは、하나、둘、셋、넷、스물の4つ!

 

これらは、助数詞が後ろにつくと変形します。

 

  • 하나→ 한
  • 둘→두
  • 셋→세
  • 넷→ 네
  • 스물→스무

 

となるんです。

 

例えば、二十歳を韓国語で言うと、스무살(スムサㇽ)となります。

 

パッチムが付いたり、取れたりするんです。ややこしいですねぇ。

 

これも地道に覚えて行きましょう!

 

おわりに

 

 さて、今回は、韓国語の固有数詞についてお話してきました。

 

1~9、そして、10、20、30、40、50、60、70、80、90を覚えてしまえば、後はそれらを組み合わせていくだけなので、実質覚える数字の数は18個ですね!

 

とは言っても、変形など例外もあるので少し難しいですが、そこは少しずつ慣れていけば大丈夫です。

 

ゆっくり頑張って覚えて行きましょう。

 

それでは!