韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

中学生でも出来る!初心者向けの韓国語勉強法!

f:id:kanayari:20201121161644p:plain


 

こんにちは!かなやりです。

 

今回は、独学で韓国語を勉強したい!という方へ!

中学生から韓国語を勉強し始め、大学では韓国語専攻にまでなった私が、初心者の方にオススメの韓国語勉強法をレクチャーします!

 

その方法とはズバリ!

 

  1.  テキストで基礎を固める
  2. エンタメで応用を身につける

 

です。

 

私自身、10年間韓国語に触れあってきて「効果がある!」と実感した勉強法ですので、ぜひ実践してみてください!

 

 

そもそも韓国語とは

韓国語は、朝鮮語やコリア語とも呼ばれている、主に朝鮮半島で話されている言葉です。

韓国が日本と同じ漢字語圏であることや、韓国語と日本語が似通った構造を持つことから、日本人にとって韓国語は、学びやすい言語とされています。

 

韓国語と朝鮮語

韓国語には、朝鮮語やコリア語という呼び方が存在します。

元は同じ朝鮮半島で使われていた言語ですが、現在では、北朝鮮の言葉を朝鮮語、韓国の言葉を韓国語と呼ぶことが多いです。コリア語はその区別をなくした中立の呼び方です。

 

日本語との類似点

 日本と韓国の似ている点として、同じ漢字語圏であるという点が挙げられます。漢字語が多いため、日本人にとっては理解しやすい単語が多いです。また、韓国語は文法も日本語と似ている為、日本人にとって習得しやすい言語であるとされています。

 

 

韓国語を最初に勉強する時の注意点

韓国語を覚えようとするときには、いくつか注意することがあります。

それは、発音をカタカナで覚えないこと。そして全てを完璧に覚えようとはしないことです。

 

カタカナで覚えないこと

最初に外国語を学ぶ時、その発音の難しさから、つい発音のカタカナ表記を見てしまいがちですが、それはやめた方が良いでしょう。なぜならそれは、完璧な日本なまりだからです。

世界には、日本語には無い音で話す言語が沢山あります。それを日本語で表記するには無理がある。そもそも、カタカナで外国語の発音を表記する方が無理なのです。

出来るだけきれいな発音をしたいと思うなら、ハングルと音をセットで覚えること!

それが、韓国語のみならず、外国語をマスターする時の重要なポイントです。どうせなら、現地の人みたいに流暢な言葉で話したいですよね?

 

ハングルを完璧に覚えようとしないこと

 初心者の方が最初につまづくポイントなのではないか、と思われるハングル。

先ほど「ハングルと音をセットで覚えるべし!」とは言いましたが、決して完璧を求めすぎないでください。正直、ずーっと記号(にしか最初は見えない)を見ていると頭がおかしくなってきます。そうすると、韓国語を勉強すること自体が嫌になってきてしまいます。

勉強が嫌になってしまうのは本末転倒ですので、大体覚えたかも?くらいで次のステップに行っちゃってください。わからなくなれば、また表を見返せばいいのですから。

 

 

初心者が最初にすべきこと

初心者の方が最初にすべきことは、基礎を身につけることです。

その為にはまず、初心者用のテキストを使いましょう。そして、勉強が楽しくなるように好きな韓国エンタメを見つけましょう。

 

テキストで基礎固め

初心者用のテキストは色々ありますが、大体人気なものを使っておけば間違いないと思います。実際に中身を見てから買いたいという方は、本屋さんで探すのが良いですね。ちなみに、私のおすすめはCD付のものです。特に独学の方は近くに発音を教えてくれる先生がいないので、CDで発音確認するため、CD付を買うのがオススメです。

テキストをお勧めする理由は、テキスト勉強が一番効率のいい勉強方法だからです。テキストは、韓国語にめちゃくちゃ詳しい人が、一生懸命分かりやすいものを作ろうと作ったもの。押さえるべきポイントしかない!と言っても過言ではないのです。そんなテキストで勉強するのが、韓国語習得の上で一番効率が良い。つまり、一番の近道と言ってもいいでしょう。

 

好きな韓国エンタメを見つける

 テキストで勉強する!とは言っても、実際ずーっと机に向かっていると、しんどくなってきますよね。そこでもう一つの勉強法、リスニングです。

韓国ドラマや、KPOP、韓国系YOUTUBEなど、韓国には人気のエンタメが沢山あります。これを使わない手はないです。

初級の段階では、日本語字幕なしで聞いても分からないので、字幕ありで聞いてもいいと思います。なにより、エンタメで韓国語を楽しむということが大事!韓国語習得には、モチベーション維持が最重要です。楽しく勉強して韓国語を身につけましょう!

 

 

初級テキストをやり終えたら

初級のテキストをやり終えたら、中級テキスト、上級テキストへとレベルアップしていきましょう。そしてお気に入りのエンタメを使って、生きた言葉を学ぶのです。

 

道のりは長し!中級テキストへ!

初級テキストが終わったからって、テキスト学習終了!という訳にはいきません。道のりはまだまだ長いですよ。

初級テキストが終わったら、そのまま中級テキストに進みましょう。そして、単語や文法を少しずつ覚え、初級の範囲で分からないことが出てくれば、また初級のテキストを見直すのです。何事もコツコツ、です!

もし上級のテキストに進み、もうやるテキストがない!という状況になったら、どうするか。

実は、テキストはまだまだあります。教科書みたいなテキストだけに捕らわれないでください。韓国語テキストの中には、「ネイティブっぽい韓国語」などを紹介してくれるテキストなどもあるので、そのようなものを使って勉強するのもオススメです。

 

エンタメで息抜き&生きた言葉を学ぶ

 初級テキストが終われば、ドラマで言っているこの単語が聞き取れた!などという現象も起きてくるはずです。そうなってくると、ドラマを見るのも楽しくなってきますよね。エンタメで適度に息抜きしつつ、楽しんで学びましょう。

 特にドラマやバラエティーYOUTUBEなんかは、実際に現地で使われている生きた言葉が聞けるので、とても良い勉強になります。YOUTUBEは韓国語字幕を付けてくれている方も多いですから、より勉強になりますね。

 ちなみに私もYOUTUBEをよく見ています。韓国語字幕を付けてくれている方が本当に多いので、聞き取れない単語があっても調べやすく、とても勉強になります。

エンタメを使って勉強する際、一つ注意してほしいのが、歌を使って勉強することです。歌は詩的なものが多いので、実際にはあまり使わない単語や、詩的な言い回しなどが多く出てきます。もちろん音楽を使って学ぶのも良いですが、自然な言葉を学ぼうと思うのであれば、ドラマやYOUTUBE、バラエティーの方がオススメです。

 

韓国語教室も良い方法!

 独学が不安!やっぱり先生に習いたい!という方にオススメなのが韓国語教室。

私も高校生の時に実際に通っていました。ハングルと発音の基礎は、全てそこで学んだといっても過言ではないです。

やっぱり韓国人の先生がいると、とても勉強になります。自分の発音が合っているか、自分で作った文章が自然かをチェックしてもらえますし、実際に先生と韓国語で会話できます。

使ってこその言語ですから、実際に使う場面を作るのはとても良い勉強法ですね。

 

 

おわりに

さて、今回は初心者の方向けの韓国語勉強法をお伝えしてきました。

  1.  テキストで基礎を固める
  2. エンタメで応用を身につける

この方法で、ぜひ楽しく!韓国語の勉強をしてみてください。楽しいのが一番ですからね!

それでは!