韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

韓国語の漢数詞・固有数詞ってどう使い分ける?読み方は?

f:id:kanayari:20201222214845p:plain

 

こんにちは!かなやりです。

 

今回は、韓国語の漢数詞と固有数詞はどう使い分けるのかについて、お話していこうと思います。

 

自分の年齢って韓国語でどう言うの?

今日の日付はなんて言うの?

 

などなど、韓国語で数字を言いたい!という場面ってありますよね。

 

そんなあなたへ向けて!

 

今回は、韓国語の漢数詞と固有数詞の使い分けから、その読み方までお話していきたいと思います。

 

 

漢数詞と固有数詞

まず、韓国語の数字には、漢数詞と固有数詞があります。

 

日本語に「ひとつ、ふたつ、みっつ」「いち、に、さん」と数字の数え方に違いがあるように、韓国語にも数字の数え方に違いがあるのです。

 

その漢数詞と固有数詞は、「助数詞が何か」によって使い分けられます

 

助数詞とは、「1」や「1」のように数字の後ろにつく語のことです。

 

これらの読み方は、「1個(いっこ)」「1玉(ひとたま)」となりますよね。同じ「1」を言うのにも関わらず、読み方は変わっています。

 

韓国語でも、これと同じ現象が起こるのです。

 

これを覚えるのは正直難しいですが、これから漢数詞と固有数詞の両方を解説していきますので、頑張って覚えて行きましょう。

 

 

漢数詞

まず初めに漢数詞から見て行きましょう。

 

1.일(イㇽ)

2.이(イ)

3.삼(サㇺ)

4.사(サ)

5.오(オ)

6.육(ユㇰ)

7.칠(チㇽ)

8.팔(パㇽ)

9.구(ク)

10.십(シㇷ゚)

100(百).백(ベㇰ)

千.천(チョン)

万.만(マン)

億.억(オㇰ)

兆.조(チョ)

 

1~10、100、千、万、億、兆を覚えておけば、後は数字を組み合わせるだけです。

 

例えば、37は日本語で「さんじゅうなな」。つまり「さん+じゅう+なな」な訳です。

 

これと同じように、韓国語でも37は「삼(サㇺ)+십(シㇷ゚)+칠(チㇽ)」で「삼십칠(サㇺシㇷ゚チㇽ)」となります。

 

他の数字も、日本語と同じ感覚で組み合わせて行けば大丈夫です。

 

ただ、1万・1億・1兆は日本と違って1をつけて読みません。そのまま、만、억、조から読み始めます。

 


固有数詞

次に固有数詞に行きましょう。

 

1.하나(ハナ)

2.둘(ドゥㇽ)

3.셋(セッ)

4.넷(ネッ)

5.다섯(タソッ)

6.여섯(ヨソッ)

7.일곱(イㇽゴㇷ゚)

8.여덟(ヨドㇽ)

9.아홉(アホㇷ゚)

10.열(ヨㇽ)

20.스물(スムㇽ)

30.서른(ソルン)

40.마흔(マフン)

50.쉰(スィン)

60.예순(イェスン)

70.일흔(イルン)

80.여든(ヨドゥン)

90.아흔(アフン)

 

固有数詞を使うのは99までなので、100以上を言いたいときは漢数詞を使いましょう。

 

固有数詞でのつまづきポイントは10、20、30、40、50、60、70、80、90です。

 

これらは固有数詞で独特の言い方をするので、それを覚えなければいけません。

 

それ以外は漢数詞のように、組み合わせでOKです。

 

例えば、37は「서른(ソルン)+일곱(イㇽゴㇷ゚)」で「서른일곱(ソルンイㇽゴㇷ゚)」になります。

 


使い分け方法は?

2つあるのは分かったけど、どう使い分けたらいいの?と思いますよね。

ここからは、その使い分けについて見て行きましょう。

 

漢数詞を使う場面

漢数詞は、主にお金や時間などで使われます。

 

例えば…

  • ウォン(원)
  • 年月日(년 월 일)
  • 分(분)
  • 秒(초)
  • ヶ月(개월)
  • 階(층)
  • 年生(학년)
  • グラム(그램)
  • 番(번)
  • 人前(인분)

 

などがあります。

 

変形系もある!

ここで一つ注意しなければいけないものがあります。

 

それは、6月と10月!

 

普通に考えると、육월と십월になるはずですが、それぞれ유월と시월になり、パッチムが無くなるのです。

 

規則性とかは無いので、これはこう!とまんま覚えるしかないですね。

 

 

固有数詞を使う場面

固有数詞は、主に人や個数を数える時に使われます。

 

例えば…

  • 人(사람)
  • 名(명)
  • 歳(살)
  • 個(개)
  • 匹(마리)
  • 時(시)
  • 時間(시간)
  • 回(번)
  • 杯(잔)
  • 枚(장)
  • 冊(권)

などに使われます。

 

変形系もある!

ここでも注意しなければいけないことがあります。

 

それは、하나、둘、셋、넷、스물の4つ!

 

これらは、助数詞が後ろにつくと変形します。

 

  • 하나→ 한
  • 둘→두
  • 셋→세
  • 넷→ 네
  • 스물→스무

 

となるんです。

 

まあ、変形してもらった方が発音は楽なのでいいんですが、この数字は変形する!って覚えるのは大変ですよね。

 

漢数詞と固有数詞を混ぜる

 時を表わす場合には、漢数詞と固有数詞を混ぜて使います。

時には固有数詞分・秒には漢数詞を使います。

 

(例)

  • 3時間45分=세 시간 사십오 분

 

なかなか難しいですが、例を見つつ覚えて行きましょう。

 


おわりに

さて、今回は、韓国語の漢数詞・固有数詞の使い分け方や、その読み方についてお話してきました。

 

使い分けは後ろにつく助数詞によって変わるので、この助数詞の時はこれ!と覚えるのは大変な作業ですよね。

 

でも気合を入れて、少しずつでも覚えて行きましょう。

 

それでは!