韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

人気韓国人YouTuber!シュットゥ(sueddu)さんてどんな女性?

f:id:kanayari:20210105204052p:plain

 

こんにちは!かなやりです。

 

今回は、韓国の人気YouTuberであるシュットゥさんについてお話していきたいと思います。

 

シュットゥさんといえば、洗練された映像美が人気のYoutuberさんですよね。

 

大人気ですから、知っているという方も多いのではないでしょうか。

 

そんなシュットゥさんについて知りたい!という、そこのあなたへ向けて!

 

今回は、シュットゥさんが「どんな人」か、また、その「動画スタイル」についてお話していきたいと思います。

 

 

どんな人

 

シュットゥさんは20代の韓国人女性で、フリーランスでデザイン関連プログラムを教えたり、写真を撮ったりしていらっしゃいます。

 

大学では衣服デザインを専攻したそうですが、それを活かして働いてはいないとのこと。

 

シュットゥという名前の意味ですが、意味は特になく、珍しい発音の名前にしたかった為、この名前にしたんだそうです。色々な音を組み合わせてみて考えたとおっしゃっていました。

 

動画スタイル

 

シュットゥさんは、主に顔を映さず、VLOG形式で映像制作されています。

 

チャンネルの特徴

 

シュットゥさんのチャンネルの特徴は、その映像美ではないでしょうか。まるで映画の中のように美しい映像には、本当に感嘆してしまいます。

 

光の加減やカメラのアングル、そして映っている物一つ一つが素敵で、とても綺麗なんです。

 

これで映像の勉強をした訳ではないというんですから、凄すぎます。

 

きっと元々センスがあったんでしょうね!

 

どんなコンテンツ

 

シュットゥさんは、主にVLOGや料理動画、絵を描く様子など、日々の生活を撮りためていらっしゃいます。

 

VLOG

 

VLOGでは、日常の生活の様子や、旅行の様子をアップロードされています。

 

映像美が素晴らしいシュットゥさんですから、日々の日常を切り取ったVLOGもめちゃくちゃお洒落です。

 

自分もこんな生活がしたい!と、ついつい思ってしまいます。

 

料理動画

 

料理動画では、いつも美味しそうな料理を作っていらっしゃいます。

 

料理は、お母様が習っていたのに影響されたと語っていらっしゃいましたが、シュットゥさん自身がどこかで習っていたんじゃないかと思う程の腕前です。

 

あんなに綺麗に美味しそうに作ることが出来るなんて、羨ましい限りですね。

 

絵描き

 

絵を描く動画では、アクリル絵の具を使って絵をお描きになっています。

 

入試のために美術を習っていた期間があるらしく、その腕前はかなりのものです。(一枚貰って自分の部屋に飾りたいくらい。)

 

風景をお描きになることが多いのですが、なんというか、エモいんですよね、すごく。夕焼けなどの色使いがとにかくエモいです。シュットゥさんは、本当に素敵な絵をお描きになります。

 

そして、描かれた絵と、シュットゥさんの動画の雰囲気もよくマッチしているので、なおさらお洒落に見えるんです。

 

インテリア

 

シュットゥさんのセンスが垣間見える瞬間がもう一つあります。それがお部屋のインテリア関連の動画です。

 

ミニマリズムに関心があるらしく、もの少なめの生活をされているシュットゥさんですが、数少ないインテリアにこれでもかというくらいのセンスが詰まっています。

 

基本的にはシンプルなんですが、そのシンプルさ加減が丁度いいんですよね。シンプルゆえに殺風景になりすぎちゃうこともありますはずなのに、シュットゥさんのお部屋はどこか暖かみがあって素敵なんです。

 

愛犬

 

シュットゥさんといえば、欠かせないのが愛犬であるトイプードルのベベちゃんです。

 

10年以上一緒に生活されていて、とっても大事にされています。

 

ベベちゃん独自のVLOGがあるくらいですから、その愛のかけようはこれでもかという程伝わってきます。

 

ペットとの共同生活には、私も憧れます。一人暮らしよりも暖かい生活が送れそうで、なんだか素敵です。

 

おわりに

 

さて、今回は、韓国の人気YouTuberであるシュットゥさんについてお話してきました。

 

映像美が素晴らしい動画ばかりのチャンネルなので、見たことないよ!って方はぜひ見てみてください。

 

日本語字幕付きなので、日本の方でも楽に見ることが出来ると思いますよ。

 

それでは!