韓国情報かなやり店

このブログは、私かなやりが「もっと色んな人に韓国文化を楽しんでもらいたい!」との思いで始めた韓国情報ブログです。

VLIVEが無くなる⁉...のはウィキペディアのいたずらだった?

f:id:kanayari:20210510201157j:image

 

こんにちは!かなやりです。

 

今回は、2021年5月9日に飛び込んできた衝撃の一報「VLIVE 終了」のお知らせについて、見ていきたいと思います。

 

いつものようにTwitterを見ていたらトレンドには「VLIVE」の文字...。

 

何の話かと思ったら、あの素晴らしいVLIVEが無くなるだなんて!

 

全私が許さない!!(だれ)

 

ここぞとばかりに韓国語をフル活用して、韓国のサイトを手当たり次第探りました!

 

そしたら、なんとVLIVE終了のニュースが無い...?

 

あるのは元々ニュースになってた統合の話だけ...

 

 

...???

 

 

このニュース、噂レベルで留まる可能性大です...。

 

 

そもそもVLIVEとは

 

VLIVE(ブイライブ)とは、韓国の大手企業である「NAVER(LINEの親会社)」が作った動画配信アプリです。

 

このアプリで配信を行っているのは、主に韓国のアーティストたちなので、KPOPファンには大変人気のアプリです。

 

kanayari.info

 

VLIVEが無くなる説の出所

 

f:id:kanayari:20210510185947j:plain

 

VLIVEが無くなる説の出所は、韓国のウィキペディア的存在「ナムウィキでした。

 

2021年1月27日、HYBEとの戦略的提携を通してWeverseとの統合が発表された。まず、Weverseの運営者でありHYBEの子会社であるbeNXがネイバーのVLIVE事業部を引き継ぎ、同時にネイバーがbeNXに4100億ウォン程投資し、49%の持ち前を所有する循環出資の構造で2大株主になる。

 

すなわち、beNXが事実上HYBEとネイバーの合併会社になり、社名もウィバースカンパニーに変更された。VLIVEサービスは、約1年間の試用期間を置き、2022年の第1四半期にサービスを終了する予定だ。

 

これによって、HYBE LABELの所属ではないアーティストとファン達にとって、青天の霹靂となった。

 

と書かれています。(誤訳あったらごめんなさい。)

 

Weverseとの統合は本当

 

VLIVEとWeverseの統合については、1月27日に記事が出ており、日本でも翌日記事になっています。

 

news.kstyle.com

 

これは、実際に発表されたニュースです。

 

消えた「VLIVE終了」の文字

 

f:id:kanayari:20210510185951j:image

 

 

衝撃の一報から1日、こちらのページを見ると、なんと「VLIVE終了」の文章がごっそり削除されています。

 

元々「VLIVE終了情報」の出所はどこだと疑っていた方もいたみたいですが、削除されたことで、より疑いが深まりましたね。

 

正式な発表は何もない

 

2022年のVLIVE終了について、正式に発表があったとのニュースは出てきませんでした。

 

決まっているのは、VLIVEとWeverseが統合するということのみのようです。

 

統合するとのことなので、完全にVLIVEのサービスが無くなるとは考えにくいですね。

 

リニューアルしてリリースされるのか、正式な発表を待ちたいところです。

 

おわりに

 

さて、今回はVLIVEが無くなる騒動についてお話してきました。

 

結局、分かったのは「VLIVE終了」の元出は現在削除されたウィキペディア情報で、正式に発表されたのは、VLIVEとWeverseが統合するということのみ

 

なんだか、いいように踊らされた気がしてなりませんね。

 

まぁ、正式な発表を待つしかないですね。

 

ぶっちゃけ、推しの動画が守られたらそれでいいんですけどね!

 

それでは!